マカオカジノ ドレスコードは自由というのが、売りになっています。フォーマルと言われるようなスーツにする必要はありません。

本当に普段着のまま入る事が出来、自分もジーパンにジャケットというカジュアルな服装で行った。

マカオカジノ ドレスコードにサンダルもOKらしいけど、そこは流石に靴を着用する。

理由はありませんが、サンダルだと歩きにくいという事を感じ、そこまでラフにする必要性無いからね。

女性はワンピースでも構いませんが、本当にマカオカジノ ドレスコードは何でも大丈夫な印象。

日本で言うところの、高級レストランへ行くつもりで十分。基本的に自由な服装で良いわけだから、特にこれじゃない駄目なモノがあるわけじゃありません。

庶民感覚で行く事が出来るという事が、良い部分になるのかもしれんけど、マカオカジノ ドレスコードから豪華さを求める方には、若干違和感があると思う。

やっぱせっかく現地へ行くからには、煌びやかな雰囲気がほしいよね。

人工的に体を改造

60代 化粧品に、アンチエージングさえ加われば無敵。「無敵?」ずっと若奥様でいられる。若返り、不老不死も夢じゃ...。

「ファンタジー世界ね」SF?「いずれ人は、人工的に体を改造し始め、自らへ機械を加え、段々ボディは機械へ」銀河鉄道999ね。

「懐かしき作品」ハーロックも好き。「メーテル、今思い出せども美女」60代 化粧品じゃ、メカにゃ敵わん。

「全身ロボットんら、最早ヒューマンとは形容不可能だけどね」今、すべき事を考えよう。現実逃避、STOP。

「60代 化粧品か、本当に効果期待出来て?」え?「せっかちな所為?何時も使えず、すぐ廃棄。60代 化粧品、何個手を出し、失敗と後悔を...」

むー。じゃ、使わぬまま余生を?「乾燥肌、吹き出物、シミ、シワ、どれも除去せにゃ」故に必要、ほら!「やめ、塗らんでえー!」は?

「太陽光弱く、吸血鬼状態の身。何を用いようが、ダメダメ!」諦めるにゃはえーぞ?「姉妹といえど、余計なお世話。最早、朽ちるを待つ」はぁ、頑固者。「同じ顔の分際で!」

部屋探しというムチャぶり

「おい坊主、待ちな!」ひっ、何でしょう親分!私、今日は何も悪い事しちゃいねぇですぜ。だから殴らんでくだせぇ...。

「馬鹿、ちげーよ!人を鬼とでも、思うておるんかこ奴は!」ひっ、私は。「まぁええ、座れや。実はな、部屋探しを頼みてぇんだ」へ、何ですかいその頼み?

「物件さ、俺ら鍛冶屋がこんなちっこい工房で、何時までも良い仕事出来るかってんだ」新しい工房...でげすか。急な話すなぁ。

「まぁ、話したのはお前が初?何にせよ、他の奴らびっくりさせるつもりさ」へぇ、そりゃ立派なご覚悟。

「で、部屋探しどうだ?アテあんだろ?」俺を選ぶ理由は?「一人暮らしだろお前。詳しいはずさ!な!」はぁ...?予算等はどれ位を考え?

「そりゃお前、給料3か月分」笑えん。それで此処より大きな場所は無理。「部屋探しが無理?貴様!」平均的な相場があり、まずリサーチ先決。

「部屋探し始めやがれ!」へ、へい...ったく、大変な話ばっか。問題有れば言えよ。「期待してっぞ」どうしよう、最悪